上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
101011-01.jpg



雨漏りがひどくなっていたバウハッチの修理。


101011-02.jpg

1番怪しい雨漏りの原因は、このアルミフレームとアクリルのシールが切れている所為だと思われる。



101011-03.jpg

ロックのO-ringのへたりと辺り部分の汚れも原因かもしれない。



101011-04.jpg

パッキンの劣化、スポンジゴム接合部の剥がれから水が伝わって落ちているのかもしれない。ホースで水を掛けてテストして見たのだが漏れない。しかし強い雨の翌日はバウバースがビショビショになっている。この3つの原因と思われる部分を修理してしまおう。



101011-05.jpg

シールを全部剥がそうとも考えたのだが、作業予想時間からすると一晩掛かりそう。ハッチ無しの一晩は不用心なので、シールの剥がれと硬化した部分だけ切除して新たにシールする事にした。



101011-06.jpg

パッキンの接着は、ダイバーなら1本は持っていたい、ナショナルボンド。懐かしい方もいるかもしれませんね。ジャムパンには最適です!ネオレズも便利。



101011-07.jpg

時々、お店をグルッと回って使えそうなものを物色しているが、先日3kで見つけた、黒のシリコンを使って見る。コーキングガンも今まで使っていたものは歪めてしまったので新調。



101011-08.jpg

このシリコン、何と50年性能保証!しかし、使ってみると既に硬化していて返品交換。使う前からダメじゃん...



101011-09.jpg

シールがバックアップにもなっているので、ハンドルを取り付けてからコーキング。ハンドルのO-ringは掃除をしてシリコンを塗ってから組み付け。きっと沈むだろうと予想して、マスキングを剥がさないで3時間後に今一度コーキング。



101011-010.jpg

やはり、マスキング上のシールが縁が切れていなかったようで、こんな感じ... 明日完全硬化後に切り取ろう。これで雨漏りが解消される事を祈る。


スポンサーサイト

2011.10.10 Mon l 整備 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/936-49d2b5ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。