上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
092711-01.jpg



台風の影響で北方面は諦めて湾内へ。エントリーしてしまえば湾内は状態がいい。


1本目は、カノンへ。水面の状態はいまいちで、アンカーもギリギリな感じ。今日はダイナスティー・ホテルのスタッフのダイゴさんも久しぶりに一緒に潜る。彼は落ち着いているので2度目のボートでもここに連れて行ける。水底に着くといい状態。曇っているので、スロープの先の蒼は格別な色。パラオハマサンゴに付く手前には80cmクラスのナポレオン。カスミチョウも今日は最初から遊びに来てくれた。中性浮力を取りながらダイコさん、いきなりマスクの全脱着!手間取っていたもののマスククリアー出来ている。いい卒業生である。(笑)アーチをくぐると更に透明度が上がり、深場は日本庭園のように見える。



092711-02.jpg

2本目はクエストへ。湾内をグルッと回りながら状態を確認したが、サス系は味噌汁状態。しかたなく湾内を出て大きなうねりが入って来ているがここを選択。水面から状態を確認しても透明度はいまいち。水面休息時にダイゴささんの顔色が見る見る悪くなっていく。しかしVIPゲストさんと一緒という事も有り、愚痴1つなし。いい卒業生である。(笑)そこいくとAさんは、水面でライフリングに乗っかりながら、文句ばかり言っている。次回は確実に息の根を止めてやろうと思う。

さて、水中だが、やはり底揺れが有って、砂を巻上げ透明度が落ちている。砂は真っ白でキレイなのだが、下を向いていると更に酔いそうなので、上に注意を向けてもらう。一役かってくれるのはいつものようにバラフエダイ。多分いつものボスだと思うが、相変わらず縄張り意識が強い。口の横の傷は治ったようだ。その後、ノコギリダイの根、ハナゴイの根、アカマツカサの根、戦時中のアンカーを回って今日はフルレンジ。ゆるいカレントはここでは有り難い。



092711-03.jpg

3本目は、チヨさんとジョーティーヘ。今回のスケジュールはJoeがサイパンに出張している為、Capt. Juanがワッチを引き受けてくれているが、彼からも「随分久しぶりだね。」と言われるほど。以前は美しい砂地ポイントとして浦島と双璧だったのだが、フタイロハナゴイが居なくなって実際来なくなってしまっていたが、今日の海では条件が1番良いのがここ。今日テニアンを離れる仲村オーナーに敬意を表したい思いも有る。昔と同じ山立てで、ドリフトで潜る事にした。ウイングの根から、旧フタイロハナゴイの根へ。やはりフタイロは居ないがカシワハナダイが帰ってきていた。3本目という事も有りゆっくりは確認できなかったが1匹だけという事はあるまい。南東に進みデンデンムシ岩、懐かしいガーデンイール。その後は、サンゴの瀬に戻った。もう1度調査して復活させたい。


                       Kanon
                       WEATHER: Cloudy/ CURRENT: Low
                       TOTAL HOURS 0:33
                       VISIBILTY 45m / MAXDEPT 30.3m
                       TEMP AIR 30℃ BOT 30℃

                       Quest
                       WEATHER: Cloudy/ CURRENT: Low
                       TOTAL HOURS 0:46
                       VISIBILTY 20m / MAXDEPT 20.2m
                       TEMP AIR 30℃ BOT 30℃

                       Jyoti
                       WEATHER: Cloudy/ CURRENT: Non
                       TOTAL HOURS 0:48
                       VISIBILTY 40m / MAXDEPT 17.8m
                       TEMP AIR 30℃ BOT 30℃



092711-04.jpg

P.S.
Aさん(別名:トイレット博士)&Yさん&チヨさんと昨晩アイランド ガーデン レストランで夕餉をご一緒したが、古い仲間が集まるとダイビングネタも豊富になる。「マサさんはエントリー前に必ず残圧確認させますよね。」『そーなの。恥ずかしい話、私自身それを忘れて-40mでエアーが無くなった事が有るからなの。(笑)』「そー言えば、Yなんてさ、俺が初心者の頃、エアーが少ない、オクトパスくれ、のサイン送ったら、いきなりダイビングナイフを抜いて俺を威嚇したんだよね。こっち来るな!みたいにさ。(笑)」武勇でん。


スポンサーサイト

2011.09.27 Tue l ダイビング l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/922-ccaceed7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。