FC2ブログ
060411-01.jpg



今日から参加のゲストさんがいらっしゃるので、フレミングを2本目に。


やはり今日も探しに行く訳です。ハダカハオコゼさま。残念ながら今日もお会いできず。やっぱしいなくなっちゃったかなぁ... ハナダイダマシは、どっさり元気。1つ目の根のイエローカーディナルは数が減ってしまってる。3つ目の根では、イソギンチャクが閉じていたのでカザリイソギンチャクエビが締め出しをくらって所在なさげに縁付近にいる。いつもはどこに隠れているのか?10匹以上は締め出されている。

2本目はフレミングへ。日に日に海の状態は良くなってはいるが、まだ少しウネリが残っている。これくらいならチャンネルを使ってクラック回りの深場へ。そのままドリフトでカメにも会いに行く予定。2本目でもはやり太陽の位置が違うので、深場まで結構明るい。岬を回った辺りで、-25m付近にマダラトッビエイがスーッと現れてしばらくホバーリング。この上にはカシワハナダイが数匹、「居てここにいてくれたか!」と感動。その先をスミレナガハナ。今日は大きく広がって居たので見ごたえが有る。この深度までサンシャワーが届いているのでオスの色がいつもよりはっきり見える。そのまま深度を下げてシコン。ニラミは完全に住み家を変えてしまった。そしてフチドリを観察して、棚上へ。今日はカメはまったく居なかった。



060411-02.jpg

2本で終了のゲストさんをマリーナに下ろして、3本目はフィッシャーマンSへ。いつものようにテニアンのカエルウオ・コレクションを総なめ。どんどん進行する老眼で鼻毛が見えなくなったのが悲しい。私事はおいといて、変わり種オレンジフィンとその一派は、岩裏のイソギンチャクをほとんど放棄して別荘扱いにしているようだ。たいして広くも無いシライトイソギンチャクに4匹がひしめいている。ツーコーラルの5世代とは違ってルーツが違っているので説得力に欠ける。(笑)


                       浦島
                       WEATHER: Fine/ CURRENT: Low
                       TOTAL HOURS 0:41
                       VISIBILTY 45m / MAXDEPT 17.9m
                       TEMP AIR 32℃ BOT 29℃

                       Fleming
                       WEATHER: Fine/ CURRENT: Low
                       TOTAL HOURS 0:36
                       VISIBILTY 55m / MAXDEPT 39.6m
                       TEMP AIR 32℃ BOT 29℃

                       Fisherman S
                       WEATHER: Fine/ CURRENT: Non
                       TOTAL HOURS 0:52
                       VISIBILTY 30m / MAXDEPT 11.8m
                       TEMP AIR 32℃ BOT 29℃


スポンサーサイト




2011.06.04 Sat l ダイビング l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/796-4f7da3b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)