上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
052811-01.jpg



エクステンション全長302mmはちょうどいい長さ。
なんだかAVネタっぽい表現かしら?(笑)


052811-02.jpg

クラッチのオイル漏れ箇所判明。どうもシャフトのシールか、後部フタのO-ringと判明。9ヶ月前の悪夢からまだ抜け出してないって事ですな。あの時の衝撃がここに影響しているようだ。(泣)



052811-03.jpg

ボタ落ちは、美しい海のお陰で海で飯を食っている人間としては言語道断なので、ダイパーは勿論の事、オムツを履かせた。自動車チューブを割いてクラッチにグルッと巻き、更にダイパーを仕込んでおく。高申テックの櫻井さんから、シャフトのオイルシールのダメージが原因だった場合は、シールの下場でも、オイルは規定量を満たすと教わったので、検油棒を見ながら、オムツが濡れなくなる量が範囲内である事を祈ろう。



052811-04.jpg

さて、ネクスト・プロブレムはポートのスターター。徐々に回転が鈍くなってきているので、ばらしてクリーニングする事にした。



052811-05.jpg

たった2本のボルトで固定されているのだが、このボルトが外れない。レンチが入らないのだ。(泣)しかたなく、タービンに回っている潤滑油パイプを外す。しかし、ここもラチェットレンチを持っていないので、このビスをはずすだけで30分以上かかる。



052811-06.jpg

エンジン側も外す。



052811-07.jpg

これでやっと、本日の主役、エクステンションでボルトを外す事が出来た。このエクステンションが10mm長いと、冷却水ポンプ(海水)に当たってしまうし、短いとスターターリレーに当たってしまう。3本試したエクステンションでこれがちょうど良い。それでも1/2 17mmソケットなので、3/8からのアダプターはELSのドンに今回も貸してもらった。一時はどうなる事かと思ったが、とにかく外せてホッとした。神様ありがとうございます。



052811-08.jpg

フライホイールもサビが出ているので、LPS-2をスプレーしておこう。



052811-09.jpg

外したスターター。ブラシはまだ厚みがあるし割れもない。



052811-010.jpg

スイッチの端子部分。現状発熱するので、高申テックの櫻井さんのアドバイスから、徹底的に掃除する事にした。少し緩みも出ていたのでこれも原因だったのかもしれない。



052811-011.jpg

コミュテーターの溝はキレイだが、傷とカーボンはキレイにしてしまおう。



052811-012.jpg

ブレーキパーツクリーナーでジャンジャン洗った後、1,500番の水ヤスリで磨いて、それより細かい番手が無かったのでピカールで仕上げる。コンパウンドが溝に詰まるので、更にWD-40と歯ブラシで掃除後、ブレーキパーツクリーナーで今一度クリーニング。



052811-013.jpg

失敗したのはこれ。ベアリングのダストカバー。考えもなしに、ブレーキパーツクリーナーを吹きかけたら、プラスチック部分がヘロヘロになってしまった。



052811-014.jpg

それでも無理やりはめ込んでみた。ギアケースにここが入るので付いていれば御の字だろう。



052811-015.jpg

スイッチのターミナルは、ワイヤーブラシとブレーキパーツクリーナーと歯ブラシでギンギンにクリーニング。



052811-0016.jpg

本体側の配線の被膜が劣化してしまった為、ビニールテープで巻いて、3M 5200を塗って絶縁した。



052811-016.jpg

スプリングワッシャーは取り換えて、端子もクリーニングして結線。



052811-017.jpg

ギアケース側は時間の都合でばらすのはやめてグリスアップのみ。外回りは塗装するつもりなので、CORROSION GUARD QUICK SILVERを剥離しようと試みるが歯が立たない。同じ苦労をしている人も多いようだ。シンナー、アセトン、ガソリン、WD40、秘蔵の3Mクリーナー30どれもスッキリ落ちてくれない。しかたないので、ワイヤーブラシとカップブラシで削り落とした。どなたかいい方法をご存知でしたら教えて下さい。



052811-018.jpg

アーマチヤーとブラシを元に戻すにはどうしたら???と悩んでいると、、高申テックの櫻井さんから、ブラシを止めているスプリングを引き起こしてブラシを外した状態で取り付けないと割れる。とのアドバイスに従って外してみた。



052811-019.jpg

クリーニングもしやすいし、4本のバネと格闘しなくてすむので、組み付けも簡単にできた。



052811-020.jpg

アーマチヤーはサビ止め効果も有る、秘蔵の接点復活王をスプレーしておく。



052811-021.jpg

カバーのインロウ部分はサビが回っているので、Three Bond 1207Bを塗布しておいた。明日は塗装の仕上げと、テスト、その後に組み付けてみる。成功以外には考えない!キッパリ


スポンサーサイト

2011.05.28 Sat l 整備 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

私には
到底できない作業ですな。
でも、そこ(TINIAN)にいると、なんでも自分でやらなきゃならないような事が多いですよね。
頑張ってください。
2011.05.28 Sat l バンダナおやじ. URL l 編集
はい!
細か~い作業が続きますが、日本のエンジニアさんにもお手伝い頂き頑張ってやっています!本当にありがたい事です。e-211 テニアンの何でも屋にでもなれそうです(笑)e-152e-169
2011.05.30 Mon l *ぴけ*. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/788-8d04f3d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。