FC2ブログ
062709-01.jpg



Fuel filter編


例のスラッジを取り除く為、Fuel filterをマメに掃除継続中だが、古い方のfilterのドレン・バルブがついに壊れた。松田さんから、「根元から外さねーと壊れるぞ、そんでも根元から外した後に、締め込み過ぎるとカップ割るけどな。ケッケッケ」前回の整備で、松田さん在庫の中古Fuel filterを譲ってもらったが、このFuel filterのカップにヒビが入っていて、どう接着してもエアーを吸ってしまい結局断念して取り換えた経緯が有る。

根拠の無い、え~加減な憶測で、カップの修理は無理でもドレン・バルブが壊れた場合は修理が出来そうな気がしていた。そんな訳で忠告を無視してドレン・バルブからスラッジを抜いていた結果、案の定壊れた。ドレン・バルブのハンドルを何度か動かしていると、根本から抜けてしまったのだ。燃料がジャジャ漏れ。徹底的に直す覚悟を決めて、取り外し家に持ち帰ることにした。

ばらして見ると、ステンレス、真鍮、そして鉄の部品で構成されていて、鉄の部品が錆でボロボロになり、その結果抜け落ちてしまった。ホースクリップのしょーも無いのもそうだが、何で全部ステンレスで作らないのか?と不親切さにため息が出る。



062709-02.jpg

062709-03.jpg

バルブの構造はいたって簡単で、これなら修理がききそうだ。ワッシャーをバルブに合わせて削り、折れてしまった割りピンの代わりにステンレス製のハリガネを使う。



062709-04.jpg

組み立てて見ると上手い具合に機能してくれた。



062709-05.jpg

バルブの開閉も以前より全然調子が良い。フィルター収納フタ、ハンドル部分のO-ringも裂けてしまったので、代用品に交換。空気を送ってみたがエアー漏れは起こしていないようだ。明日取り付けてテストしてみんべ。
スポンサーサイト




2009.06.27 Sat l Crow's Nests l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/66-e430d80c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)