上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
112110-002.jpg



ストラト=シャフトブラケット=スケグ、修正初日。少し先が見えてきたかな?


まったく困った物だ。「イエメン発米国行きの航空貨物便の積み荷内から、爆弾が仕掛けられたプリンターカートリッジが発見された。)これにより、日本から米国圏に1lb以上(453g)の国際郵便が全面的に送れなくなりました。テニアンも含まれます。???イエメンで?日本で国際郵便以外のFEDEXもDHLもUPSも大丈夫.....???なん~~~じゃそりゃ!ちなみにインクカートリッジについてはうるさいようですが、ヤマト運輸は453g以上の荷物が送れるようです。オーストラリアからストラトの発送予定があるのでAUSTRALIA POSTにも問い合わせしてますが、まだ返事がありません。この対応はどうも日本郵便だけのようです。テニアンでの、この10年の生活はいつもテロ、米軍の動向、日本の無能な対応に脅かされ続けて来ました。海も空も何も変らないのに...



112110-003.jpg

さて、ここから本題。修理品、交換パーツなどが続々日本から到着。上記のテロ対応策前だったので、こうして手元にある。だが第2便と薫の誕生日プレゼントは間に合わなかった。



112110-004.jpg

やはり日本に、いや、YASUDA SHIPYARDさんにお願いして良かった。キッチリしっかり仕上げて頂いた。副工場長の大村さんには丁寧に相談にのって頂いている。「いる。」って事は現在進行形でもある。依頼した仕事は終わっているのにも係わらずである。本当にありがたい。そして有限会社高申テックさん。エンジン関係をお任せしている。私のエンジンを担当してくれている主任の櫻井さんは、友人や親の様に本当に親身になって面倒を見てくれている。こんな方達に応援して頂いているのだから大丈夫だと思える!きっと彼らだけではないと思う。日本の技術屋さんは間違いなく世界のトップだと確信する。

一方、オーストラリア最大のFRPボート製造会社とかは、見積もり出すのに50日、約束は守った事が無い、高飛車な対応、カード決済確定後、一週間電話もFAXも不通、おまけにお詫びのメールもない。堪忍袋の緒はとっくに切れているがストラトはこのメーカーのオリジナルなので、選択肢が無く、12日までやるだけやったので、到着を一日千秋の思いで待っている。

愚痴になったが、日本から荷物が届いた事で作業が再開できる。といっても最終的にはオーストラリア待ちになるのだが.... さて、ストラトの修正には、同じ径35mmのシャフトがあると便利と、大村さんにアドバイスしていただいたので、サイパンの鋼材屋さんのLUEN TAIで半端もののシャフトを見つけた。



112110-005.jpg

もともと何かのシャフトだったようで、素材がSUSなので薄汚れているがカップブラシで磨いてみる事にした。



112110-006.jpg

腐食も無く、自前のスターボードシャフトよりもキレイなくらいだ。また、1,100mmあるのでなかな使えそうだ。



112110-007.jpg

小手調べに、スターボードのストラトに差し込んで左右にこじて見た。このストラトが金属疲労でこうなるとも思えないが、大人の男だったら結構簡単に曲げる事ができる。



112110-008.jpg

では、キール側に曲がってしまったのはこれでどうだって事で、エンジンラックをトレーラーに万力で固定し、曲の支点に木のムク材を当て、ラッシングベルトで引っ張ってみた。しかしこれは力が逃げてしまってNG



112110-009.jpg

では!ってことで、T100を横付けして、ヒッチボールにラッシングベルトを巻いて再度挑戦。正規の位置まで引っ張れるがラッシングベルトの強度不足で、戻り分までは引ききれない。明日チェーンブロックかレバーブロックを借りてきて再チャレンジしてみよう。



112110-01.jpg

軒も修理完了。落ち葉も落としやすくしました。


スポンサーサイト

2010.11.21 Sun l 整備 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/588-b3bdf067
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。