FC2ブログ
050909-1.jpg



すみません。お待ち遠さまでした。報告させて頂きます。
始まりは先月の4/13(月)のテストランから。


今日は待望のテニアンまでの往復テスト。サイパンで買い込んだT100のタイヤ、船体補修用の材料、今回の整備で取り外したパーツや予備、日本から船便で送った荷物などを満載して、お昼前からテストランとなった。この時点で燃料のリターンホースの具合が悪く、液漏れするので1度ショップに戻り、材料を仕入れてから、午後に再チャレンジ。帰りを考えると時間が無く、HIMAWARIでおにぎり類を買い込んで、洋上で食う事にした。しかし、私自身は舞い上がっていたので、腹が減るというより、自分自身がエンストしないように燃料を入れる気分でこれらを口の中に押し込んだ。



050909-2.jpg



PM12:45テストラン開始
素晴らしい天気、海のコンディションもまったく問題ない、最高のクルージング日和、そんでもって船も快調な滑り出し、排気の状態、水温、オイルプレッシャー、全て問題なし。あ~、それでも水温計は以前の整備の為、ポートサイドが15度ほど低いかな?30分も走ると海峡にさしかかり、気持ちのモヤモヤが取り払われ身震いしてきた。そして念願のテニアンのマリーナに到着。サイパン=テニアン間を1時間10分程で走りきったのでまずまずのスピード。フライブリッジにいるとスピード感をあまり感じないが結構早い。燃料はやはりこれだけの船体を引っ張り回すので、12gal/時間の計算になった。海峡が良かった所為も有るが、さすがにCaribbean Bertramの走り!波の当たりはいやな感じも不安感も無く、音も気にならない。バウを思いきり持ち上げて走るので、突っ込む感じも無く、波を潰して行く船だが鈍重な走りでもない。これがボートの歴史を変え、一世を風靡したVハルの走りなのだ!と知ったかぶり自己満足に思いきりひたる。何せライセンスナンバーは072ですから。(爆)31ft同様、フライブリッジが有るのに高さを押さえて有るので横揺れも少ないし、2基掛けなので取り回しも楽だ。初心者でもまったく操船しやすい船なんだと納得。

PM14:10テニアン到着



050909-3.jpg



キャビンに満載した荷物を降ろし、約1時間半後に今度はサイパンに向けて出発。安心感と達成感で「ねむた~~~い。(泣)」な気分、
この時点ではきっと、私の背中には羽が生えていたと思われる。(笑)
そしてサイパンに無事に到着。
この時点ではきっと、私の口角は下がる事を忘れてしまったと思われる。
『世界一幸せなのは私です。』

この後の七転八倒を知るよしも無く....



050909-4.jpg



4/14(火)
昨日は松田サンのスンバらしいお宅にまたも泊めて頂き、(昨日の石焼きビビンバがこれまた、んまかったっす。)といっても興奮であまり寝られなかったのですが。(笑)今日のテストランは、松田さんの仕事の都合で午後からとなった。新参者で懐具合も厳しい私はこのポジションなのです。(笑)今回もやはりサイパンで買い込んだ、長モノの材木など積み込んで、テニアンを目指す事に....ん?松田さんが何やら始めました。「そんな辺ぴな島行くんならおめー、帰りも考えねーとよ!」ってことで、愛用品の工具類を詰め込んだボックスのキャリーを作り始めた。この時点で何となく予感はしていたのですが、「明日にすんべーよ。」『はい、仰せのままに。』で、本日は視点を替えて、自分自身も雑務をする事にした。ライセンスナンバーを張り替えたり、アンカーの調整をしたり、無くなってしまったボルト類、予備部品の買出し。ナンバーはカッティングシートを貼ったが、あまりの手際の悪さにBIG DOGの仲さんに切ない目で見られてしまった。(汗)仲さんはここでは初登場ですが、dive site withの浦さん宅に飲みに行った時にお会いして以来、何かにつけて相談に乗って頂いている、スクーバのガイドであり、メカニックでも有り、はっきり言えば、何でもできちゃうスーパーな方です。で、すっかり気分はテニアンだった訳ですが、その気持ちを抑え、宿泊も2日間とは思っていなかったので下着類を買い込み、松田サンのスンバらしいお宅に連泊、(夕食の中華料理がこれまた、んまかったっす。)



050909-5.jpg



4/15(水)
昨日も『明日はテニアンだ!』と興奮していた所為で、やはり良く寝られなかった。松田さん宅のいつものテラスで朝食をいただき、今日の段取の説明を受ける。

AM8:40テストラン開始
今日は時間もある事から、いくつかの回転数を試しながらテニアンに向った。マックスで3,300rpm、巡航で2,600rpm、NGはターボが起き上がる寸前の1,800rpm当たりで、この域がよろしくないようだ。【後日トローリングスピードが判ったが、1,650rpmで鳥山を追っかけて行くと今旬のカツオが良く釣れた。釣れたてのカツオについてはまたいつか。】



To be continued later



スポンサーサイト




2009.05.09 Sat l Sol Levanteの嫁入り l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

No title
テニアンブルーの世界と
たわむれたい~

ありがと、
BD覚えてくれてて♪

まんま生きる
2009.05.10 Sun l 更紗. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/48-f35912e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)