上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
071510-01.jpg



乾期の終りから雨季のはじめは夜でもベッドルームの温度が下がりません。


San Nicolas APTに住んでいた頃は、風が有り過ぎると窓を閉めて冷え過ぎないように工夫していたのですが、今のLizama邸は島の盆地に位置する事と、風上にゴシャマンと草木が有るので風が抜けていかないので温度が下がらない。強制吸排気用に換気扇を付けたいところだがテニアンは論外、サイパンで売っている換気扇はうるさくてとても寝られたもんではない。日本製の換気扇は全ての面で勝っている。(扇風機も日本製がダンゼンすぐれています。)代理店をしたいくらいなのでいかがですか?電機メーカーさん?北マリアナは世界一電気代が高いのでこの方法を取り入れればビックリするくらい電気使用料がおさえられる。さて、風力太陽光発電まで考えている弊社なので、1度グッとこらえて日本から換気扇を仕入れたい。基礎体力ですなぁ~。

お!本題がズレまくりましたが、雨季の始まりから雨が降る事で地熱を奪ってくれますので、夜は32℃を超えていたベッドルームも29℃まで下がってくれます。夜中に暑くて起きてしまう温度の分岐点は23:00に30度以下である事。昨晩は28.6℃でした。


スポンサーサイト

2010.07.15 Thu l Crow's Nests l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

テニアンの人達は
温度は摂氏で測るのですか?アメリカは華氏ですよね?          
日本はこのところ大雨が続き、毎日、災害のニュースが報道されています。 
そんな時マサさんの美しい写真を見ると癒されます。               
ここ数日我が家の辺りは涼しくて過ごし易いです。            
ピケさん色々教えて下さってありがとう!!           
    
         

  
2010.07.16 Fri l 俊. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/462-caa9ba9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。