上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
20151107-001.jpg



トイレ2発、機材洗い場のシンク水栓、それから水槽のドレインプラグ。


20151107-002.jpg

シングルレバー混合水栓の水が止まらない、1/4アングルバルブが閉まらない、元栓の筈のPVCボールバルブも閉まらない、漏水でCUCからの請求額も止まらない。元栓のバルブから取り替えたいところだが先ずはシンク回りを全取っ換え。シンクはコンクリートで作ってあるので4inchの厚さがある。



20151107-003.jpg

さらに混合水栓用の取り込み穴は2つ。



20151107-004.jpg

テニアンのAce Hardwareで買えるのはこのタイプ。スレッドパイプは締込しろが2inchの真ん中にシャワーが取りつけられる3つ穴式。開封した後に、『しまった!!!』と以前返品した事を思い出しても後の祭り、闘う決意を固める。(泣)



20151107-005.jpg

先ずはシャワー取り込み用にパイプを切り飛ばす。



20151107-006.jpg

お約束の水中ボンドE380で穴を塞ぎ、膨張する空気で押し上げられるところを間髪入れずに切り飛ばしたパイプを溶かして接着。



20151107-007.jpg

2インチしかないパイプは下から締め上げる為にはなんとか延長しなくてはいけないが、全ネジのPVCパイプは売っていない。クランプで固定しようか?シリコンで埋めてしまおうか?色々考えた末に壊れてしまった混合水栓があるじゃないか!で2インチをジョイントで繋いで延長に成功。



20151107-008.jpg

さらに固定用のリングはコンクリートシンクの穴の径より小さいので、壊れてしまった混合水栓のベースを取り外してワッシャーの替わりにする事にした。



20151107-009.jpg

こんな感じで延長。ちょっと自分を褒めてあげたい気分。(笑)



20151107-011.jpg

下場から締め上げる。問題無し。



20151107-010.jpg

アングルバルブに繋ぐフレキシブル・パイプをつなげようとするとスレッドが崩れているのか?締め込めない。ここにもう1度ジョイントを入れるのがセオリーなのだが見上げで狭いスペースでもあるのでさらに壊れる事を避ける為、締め込みやすいユニオンジョイントを使う事にした。このおかげで末端までグルグル回さずにこのリングだけですむ。



20151107-012.jpg

新規の1/4アングルバルブも取付、勿論サビ止めにコルーションガードを塗布。



20151107-013.jpg

シンクのトップから下に水が回らないようにシリコンコーキング。



20151107-014.jpg

完了、混合水栓だが水しかでない。前回のようにホワイトセメントで固めた訳ではないので強度もある。手がドロドロの時にシングルレバーは重宝する。



20151107-015.jpg

お次はトイレ。外もそうだがチョロチョロ漏れる。ボールコック劣化が問題なのは毎度の事だが今回はオーバーフローチューブとバルブフラッパーの当たりの悪さから来ているようだ。外のトイレはバルブフラッパーの交換ですんだが、屋内のこちらはオーバーフローチューブを交換する為、ロータンクを外す羽目になった。



20151107-016.jpg

外せば確実に壊れるタンクボルトも取り替える。



20151107-017.jpg

カルシューム不足なのよね〜〜の真反対。



20151107-018.jpg

先ずはタンクボルトを外しに掛るがレンチが入らずバイスクリップで掴む。



20151107-019.jpg

カルシュームが固着してしまっていたのでムリアティックアシッドで溶かす事にした。が、これが悪かった。ボルトが緩むにつれすき間から塩酸を含んだ水が漏れ出し床に広がった。寝そべった状態で作業をしているので手に肩に足に付いて火傷のようにイタイ。(泣)



20151107-020.jpg

取り外すとこの状態。



20151107-022.jpg

ボールコックも切れが悪くなってきているのでこの際、全取っ換えする事にした。



20151107-021.jpg

便器側もぎっちりカルシュームが固着しているのでムリアティックアシッドで溶かしてクリーニング。



20151107-023.jpg

洗浄水排出口もカルシュームが固着していて水流の妨げになるので同様にクリーニング。



20151107-024.jpg

左既存、右新規、セットになっていたのでそのまま取りつけたのだが、水を流した途端ロータンクの下場からダダ漏れ。そう言えば以前にもそんな事が有ったと遠い記憶を呼び戻す、原因はその時と同じでスポンジガスケットが小さすぎるので漏れてしまう。



20151107-025.jpg

ボールコックを節水型の短いタイプに交換、ヒビの入っていたフロートも交換して完成... の筈が漏れが止まらない。Ace Hardwareで買ったオーバーフローチューブとフラッパーの当たりが悪く水漏れがおきている。当初の問題が解決されていないじゃない!とぼやきながら在庫のフラッパーに交換後やっと問題解決。今回はまったく使えないAce Hardwareだった。(没)



20151107-026.jpg

水流も以前より勢いがまして左巻き。お食事中の方、失礼いたしました。(汗)


スポンサーサイト

2015.11.07 Sat l なるべく自分でやってみます l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/2310-2d2eb7c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。