上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
20150828-01.jpg



連日巽日和により調査決行、今回はチャンスをモノにした。




調査ダイビングのつもりが、「釣りもしようぜ!」って事で総勢5名でくり出した。





巽の方角はいつもはバッタバタだが今日は水面から-40mの海底が見える。7年前くらいに偶然見つけたタガそっくりのポイントの調査もかねたが残念ながら発見できず。しかしGPSでマークしながらなので範囲は随分狭まった。



20150828-02.jpg

タガに到着。水面から見えるギンガメにロッキーから歓声があがる。





レインボーランナーの川には出会えなかったがギンガメがグルリと巻いてくれて棚上に帯のように続いてくれた。



20150828-03.jpg

深場にはナンヨウツバメの群れ。



20150828-04.jpg

プロダイバーは時々こんな選択に迫られる?自分がお気に入りの水中の画をゆっくり心に刻んだりするが、今日は画竜点睛を欠くサンゴに絡みついたネットをエグジット間際に発見。

下げのドン引きのタイミング、残圧も残り少ない、自分の身長の3倍くらいの大きさのネットだと判断、サンゴから剥がしにかかる、思ったよりも長い、自分の懐に抱え込むつもりがハラリとこぼれ落ちる、広がって別のサンゴに絡みつく、今一度残圧を確認して平静を保つ、今度はナイフで切りながら腕に絡めながら進む、顔に近くなるので水中拘束が頭をよぎる、力ずくで剥がす、海の神様に試されている、この人間の所業を持ち帰れるならまたここに来る事が許される。剥がし終えた後カレントに飛ばされながら生きて帰れる事を実感、タガにまた来る事を許されたようだ。



20150828-05.jpg

ボートに帰って1人反省会。バディーが居れば... BCの内ピケットに常備しているロープで縛りながらまとめれば... ネットの形を確認してからかかれば... ナイフをもっと研いでおけば... 

一先ずタガの美しさは護られた。マリーナに帰ると「譲ってくれ。」との声、こんなモノまた使われたらたまらない。キッパリ断ってゴミ捨て場にシッカリ捨ててきた。(笑)



20150828-06.jpg

今度はトローリングをしながらアギガンに向う。トローリングは結局ボーズ。





アリリンではお約束のハシナガイルカに囲まれる。20頭くらいかな?



20150828-07.jpg

アギガングロットをGPSにマーク。この蒼もまた格別。



20150828-08.jpg

ウミウチワの森。新規ポイントは発掘できなかったが独りで最強のテニアンを満喫するのは至福の時だ。



20150828-09.jpg

夜はタカさん&ノリさんとJC Cafeで夜会。


                       巽 Taga
                       WEATHER: Fine / CURRENT: Strong
                       TIDAL DIRECTION: SW
                       TOTAL HOURS 0:30
                       VISIBILITY 50m / MAXDEPT 54.4m
                       TEMP AIR 32℃ BOT 30℃

                       Aguijan Grotto
                       WEATHER: Fine / CURRENT: Middle
                       TIDAL DIRECTION: WSW
                       TOTAL HOURS 0:32
                       VISIBILITY 60m / MAXDEPT 37.2m
                       TEMP AIR 33℃ BOT 30℃


スポンサーサイト

2015.08.28 Fri l ダイビング l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/2233-dc0bf968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。