上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
20150717-001-l.jpg



いまだに5千人の戦没者が静かに日本への帰還を待っています。戦没者が眠るこの土の上で米軍は戦闘訓練をしようとしています。


20150717-002-l.jpg(3台の水陸両用車、画像左側ビーチ近くで中国人観光客がバナナボートに乗っている。)

2012年9月14日午後、テニアン・ハーバーに聞いた事の無い圧倒的なエンジン音が響き渡った。するとダイビングポイント・ケケの手前から、真っ黒い鉄の化け物が静かな美しいマリーナに現れた。あっけにとられていると、怪物は多分5匹いたと思うが、コブハマサンゴやトゲスギサンゴの群生する浅瀬を蹂躙しながら目の前を通り過ぎ、ブレイクウォーターを回って1番ブイから沖に消えていった。



20150717-003-l.jpg

何が起こっているのか解らなかった。が、その後、噴火するように怒りが込み上げてきた。私はダイビング屋としてポイントではムーリング・ブイを使い、無いポイントでは海中を壊さないよう細心の注意を払ってアンカーを差し、それでも根に掛ける時はいつも同じ場所に限定し憂いを持って使わせて頂いている。私は外国人であり、この海で飯を喰わせてもらっているし、この島で暮らさせてもらっている。しかしなんのノーティスも無く、突然現れた鉄の化け物のような米軍の水陸両用車は、水面から見ても明らかにサンゴの丘だと分かる浅瀬をわざわざ蹂躙した。彼等はテニアンの海をレイプしたのだ。



20150717-004-l.jpg

米兵は前日にマリーナで奇声を上げ水浴びして楽しんでいた。



20150717-005-l.jpg

削り取られたコブハマサンゴ。



20150717-006-l.jpg

デバスズメ、ミスジリュウキュウ、チョウチョウウオ等の稚魚が棲んでいるトゲスギサンゴの丘。



20150717-007-l.jpg

たった一度、水陸両用車が通っただけでなぎ倒されて轍ができたサンゴの丘。当局にコンプレインを写真と共に提出したが何の反応も無い。



Guahan in Solidarity with Tinian and Pagan

この頃、大型輸送機や、戦闘機も上空を頻繁に飛び交っており、戦闘機は遠くに機影を確認したくらいでも、ボートのエンジンルームに頭を突っ込んでいる様な爆音と振動を体全身で感じました。戦闘機は行ったり来りを繰り返し、この間、会話どころでは無くガラスがガタガタと音を立て割れるんでは無いかと冷や冷やしたくらいです。きっと乳児は飛び起きてしまうだろうし、耳や心の障害が心配になるほどでした。今後テニアンでは年間20週間、パガンでは16週間そんな毎日がつづくかもしれません。米軍は爆弾投下訓練を含んだ実弾射撃訓練をこの静かな島でしようとしています。その規模は演習地の規模ではなく軍事基地に等しいのです。



20150717-009-l.gif

テニアン島では1.2.3プランの3択で高危険弾着地域を含む実弾射撃訓練はA.C.D.エリアで実施されます。ノースフィールド、ラッソーからカーヒーまでが複合戦場演習エリア、このエリアの海側にダイビングポイントのフレミング、グロットが有ります。



20150717-010-l.jpg

20150717-011-l.jpg

広島に原子爆弾リトルボーイを投下したB-29エノラ・ゲイ、長崎に原子爆弾ファットマンを投下したB-29ボックスカーが飛び立ったエイブル滑走路、リトルボーイ、ファットマンを積み込んだ原爆搭載地点は今後は入場できなくる可能性が有ります。



20150717-012-l.jpg

春から初夏にかけて美しい朱赤の花を咲かせるフレームツリーは島を紅く染めて南洋桜とも言われていますが、今後演習場になれば、鉛と硝煙色に染まり土は汚染されます。ビーチではラムラム、バブイ、チュル、マサログで、水陸両用車やホバークラフトなどの上陸演習、またその設備工事が計画に入っています。たった一度だけであれだけ破壊されたのですから生態系を含め絶望的と言わざるを得ません。

以前は入れたタイドプールの有ったチゲビーチは現在米軍の実弾射撃訓練エリア内で立ち入り禁止となってしまっています。ダイビング中に星の砂が見られてネズスズメやヒメザヨリ、タテキンの幼魚等が見られるテニアンで最も長くて美しい、また西側の海が潜れない時でも唯一潜れるロングビーチも立ち入り禁止エリアになります。懐かしのビーチボーイズ・オリジナル・サウンドトラックのジャケットはここロングビーチで撮影されました。



20150717-013.gif

空路は軍事作戦域が8つに分割され、その時々の演習領空から民間は迂回を強制されます。これによりスターマリアナス・エアー運賃の値上げ、スケジュールの変更、サイパン空港を含む領空も軍事作戦域に入る為、国際線にも影響が及びます。
==========================================================
米軍が算出したスターマリアナス・エアーの現状機体で米軍領域制限を迂回して運行した場合の経費増加データ

増加した飛行時間(約)
パイパー・チェロキー6(高効率75%稼動)-----3分
パイパー・ナバホ(高効率75%稼動)---------------3分

増加した燃料消費量(約)
パイパー・チェロキーシックス(高効率75%稼動)-----1ガロン
パイパー・ナバホ(高効率75%稼動)---------------2ガロン
==========================================================
※上記はあくまで計算上であり実際の飛行時間及び運賃の上昇率では有りません。



20150717-014.gif

さらにテニアン現空港に併設の軍用空港では戦闘機を始めとする軍用機が離発着に使用、これに因り65デシベル以上の騒音が別図の通りサンホセ村まで及び、海では波の音しかしなかった静かなタートルコーブ全域で軍用機の爆音が響く事になります。頭の上で掃除機がずっと唸りを上げているような騒音で、戦闘機の訓練時には日常生活すら出来なくなりそうです。



20150717-015-l.gif

米軍は、太平洋の島々を破壊してきた長い歴史があります。 パガン島では1.2プランの2択で高危険弾着地域を含む実弾射撃訓練は島全土に及び、ビキニ環礁カホオラウェ島がそうだったようにこの計画が実現してしまったらその独特の自然は永遠に失われてしまいます。




These Pacific islanders still live at the mercy of the US military
米軍がビキニ環礁で行った原子爆弾実験・クロスロード作戦



20150717-016-l.jpg

テニアン島では固有種のテニアンヒタキ、ナンヨウショウビン、ミクロネシアツカツクリ、コバシヒメアオバト、ムナジロバト等の生息地の約1800エーカーが演習地の犠牲になり動植物の絶滅の恐れが有ります。




The Pentagon Wants To Bomb The Hell Out Of This Tiny Pacific Island

生物学者マイク·ハドフィールドはマリアナフルーツバット、オウチュウ、ミクロネシアミツスイやグアムツリーカタツムリ、オサガメ、イボウキクサの生息するパガン島を「生物の宝庫」と説明しています。



20150717-017-l.jpg

海洋生物に関しては細かくリストアップがされていませんが、テニアンを15年潜ってきた経験上、タートルコーブのアオウミガメやフタイロハナゴイが人間の勝手な都合の犠牲になって居なくなってしまったくらいの規模では収まらず、テニアンブルーが汚染され永遠に失われる可能性があります。



20150717-018-l.jpg

汚染や生態系への影響は海流に乗り、グロット、フレミング、バラシナス、タチョンガ、西ではカスティズ、スーサイドクリフ、巽リーフに流れ込み繊細なハナダイ系、ダブルバー、フタイロハナゴイ、カシワハナダイ、ウメイロモドキ、アザハタ、キンメモドキ等が先ず犠牲になるでしょう。アオウミガメ、タイマイの産卵にも当然影響が及びます。また、米軍が用いるソナーによって鯨やイルカ、回遊魚に深刻なダメージが出るとの指摘もあります。



20150717-008-l.jpg

テニアン島、パガン島に限らず、地球に残された貴重な自然は一度壊してしまったら永遠に失われてしまいます。地球にはもうこれ以上人間が汚して良い海も空も土も残されていません。米軍基地計画を阻止する為に是非反対署名に協力をお願いいたします。



米軍:北マリアナ合同軍事トレーニングEIS/ OEIS(英語)


CJMT Public Meeting Booklet


CJMT Public Meeting Posters

米軍が公開したテニアン・パガン米軍演習場開発(EIS)環境影響評価書/(OEIS) 海外環境影響評価価書サイトです。Bookletよりも、下のPostersの方が詳細を確認して頂けます。また、以下の通りパブリックコメント受け付け期間が2015年8月4日まで延長されました。英文の応募となりますが是非お寄せ下さい。
==========================================================
Public Comment Period Extended until August 4, 2015 ChST
米軍は2015年8月4日CHSTまで民間意見調査期間、公示期間を延長しました。
〈法律・施策の実施前に市民の意見を受付ける期間〉

CJMT Fact Sheet (English)封書で送ることができます。
Public Meeting Comment Form
==========================================================



現時点のスケジュールでは来年2016年には最終EIS/OEISが作成され、それに基づき最終計画が決定します。



参考サイト


CNMI DLNR Division of Fish & Wildlife
Threatened and Endangered Species in the CNMI
US Wants to Wage War on This Island— 16 Weeks a Year
Save Pagan Island | An atrocity is happening in the Pacific
World War II unexploded ordnance on Tinian
Island of Pagan opposes plan to use it for Marine invasion training
Incalculable damage to the NMI’ - Saipan News
Petition vs military plans passes 68,000 signatures - Saipan News
Military: Mitigation plans to be determined next year - Saipan News
Marianas Variety - Saipan residents say ‘no’ to Tinian, Pagan military training
Pacific islanders try to stop US military's plans for a simulated war zone



キャンペーン応援サイト


PLEASE HELP SAVE TINIAN & PAGAN



動画


KUAM News
There are big plans underway to re-invigorate the Saipan economy. Leaders there are counting primarily on tourism to spur growth, but are also cautiously weighing the benefits of a US military presence to provide a further boost.


Save Pagan, Save Tinian
Watch MINA's Board Chair, Frankie Eliptico share our opposition to what the military is proposing for the future of Tinian and Pagan.

バナー


こちらからどうぞご自由にお使い下さい。



チラシ


こちらからどうぞご自由にお使い下さい。



お読み頂きありがとうございました。反対署名参加はこちらをご覧下さい。



なるべく多くの方に知って頂きたいのですが、恥ずかしながら私の英語力では誤訳、誤解釈の可能性がいなめず概略をお伝えする事しか出来ません。ご意見をお寄せ頂きましたら準じ加筆修正してまいりますのでどうぞご了承下さい。またこの件に関し和訳、情報協力頂けましたら幸いです。



スポンサーサイト

2015.07.17 Fri l TINIAN l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/2187-4ed4d828
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。