上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
20141207-01-l.jpg



今日もAce Hardwareに来てます。


20141207-02-l.jpg

ジェフん家は既に南国クリスマス。サンタはせめて短パンくれいにしてやったらどうかしら?



20141207-03-l.jpg

エースで手に入らなかったのでアイランドストアーへ。価格も品揃えも実は穴場で重宝する。Romyはサンデーモードで洗車中。



20141207-04-l.jpg

さて、私は引き続きインタークーラーの整備。外したボルトからボルトが折れてしまう原因を探って見る。左がポート、右がスターボード。ポートはほとんどステンレスのボルトに変更してあるが、あまり品質が良くないようで磁石がバッチリ付く。



20141207-05-l.jpg

このボルトでは、先端のスレッドには錆が無い。半ネジの終わる辺りから錆が始まる。



20141207-06-l.jpg

このボルトでは、ガスケットが塗布して有ったが、先端とスレッドの終わりのシャフトに錆が無い。愛船のエンジン4LH-DTEにはエンジン本体にジンクが1つも無い。インタークーラーにも勿論ない訳だが本体がアルミ、コアと蓋が真ちゅう、ボルトは鉄。そこに海水と温度の高い空気が流れていて、上部のアクセスハッチからは水が漏れてくる環境、電蝕が起きない筈が無いのだがこれらのボルトを見る限りでは、電蝕よりも水分の侵入による腐食が原因のようだ。

今回はヤンマー純正の鉄/ユニクロームのボルトを使うが、早い内にSUS316に交換を視野に入れえておこう。


スポンサーサイト

2014.12.07 Sun l 整備 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/2019-dc2f0fd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。