上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
20141024-01-l.jpg



久米島とテニアンを比べて見ると、


20141024-02-l.jpg

リクエストで今日もグロット。ゲストさんは元久米島のダイブショップオーナーさん。テニアンとの違いを聞かせて頂いた。やはり魚影はあちらの方が濃いが、透明度と蒼の色は断然テニアンで何より水温が暖かくて快適との事。

確かに5mmスーツでさえ着たいとは思わない南国平和ぼけガイドの私には既に寒いって感覚が思い切りズレちゃっているんだろう、26℃未満なんて海はここ数年潜った事が無い。



20141024-03-l.jpg

さて、グロットは相変わらずの透明度とクリーンなテニアンブルーを続投中、ドロップオフ回りで3角塔を目指す、-65mの砂地に点在する根までスッキリ見渡せる。穴に入って久しぶりにオセロ宜しく小石をひっくり返しているとニジハタがピタリと目の前でホバーリング、オシャレカクレエビと謎の小さな海老は食われないでさっと隣の石の陰に逃げ込めた。



20141024-04-l.jpg

2本ともロケーション系のリクエストでデイアブロへ。思い切り下げなのでドリフトでガンガン行く筈が、逆カレントでしかも潮目でもう1度流れが変わっている。透明度は抜群なのでバッチリのテニアンブルーではあるがダイナミックさをお見せできなかったのが残念、自家発電なマッタリダイビングとなった。



20141024-06-l.jpg

大岩の対面に居るハナビラクマノミのセンジュイソギンチャクはこの画像だと説得力は無いが、ミルクセーキのような軟らかなクリーム色をしていてコンデンスミルクをさらにトッピングして真中から吸い付きたいような美味そうな色をしている。



20141024-05-l.jpg

それを過ぎ南の岬辺りで北に向って緩い弱い流れがあるので平場を過ぎてギンユゴイの浅場まで。真っ平らとは行かないまでも穏やかなので尾びれのストライプが確認できるくらいまで近寄れる。



20141024-07-l.jpg

今日も見事に晴れ、風も穏やかでテニアン日和。



20141024-08-l.jpg

午後は観光のリクエストを頂き北回りのコースへ。ベイヘイさん達の演習も終わっているので静かなノースフィールドにもどっている。


                       Grotto
                       WEATHER: Fine / CURRENT: Low
                       TIDAL DIRECTION: N
                       TOTAL HOURS 0:46
                       VISIBILITY 45m / MAXDEPT 26.8m
                       TEMP AIR 32℃ BOT 30℃

                       Diablo
                       WEATHER: Fine / CURRENT: Low
                       TIDAL DIRECTION: N
                       TOTAL HOURS 0:42
                       VISIBILITY 60m / MAXDEPT 22.3m
                       TEMP AIR 33℃ BOT 30℃

スポンサーサイト

2014.10.24 Fri l ダイビング l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/1995-5dfc97ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。