上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
20140923-001-l.jpg



昨日の夕方にトレーラーが帰宅。


20140923-002-l.jpg

朝から整備に取りかかる。先ずはボトム部のバンクを交換。フレームに載せて穴を確認して先ずは下穴を開ける。その後、スペード・ビット(英: spade bit)は、板錐(いたぎり)で座グリ加工。最後にボルト用の穴を開ける。バンクは多少捩れているので、この工程を端折ると穴の位置がズレる。



20140923-003-l.jpg

バンク設置部を徹底的にサビ取り。



20140923-004-l.jpg

先日、ビボットに溶接してもらった部分もワイヤーブラシで磨いて赤錆を落す。



20140923-005-l.jpg

加工してから日を開けてしまったのでOsphoでサビの除去。



20140923-006-l.jpg

設置部にYAMAHAのマリングリスを塗布。



20140923-007-l.jpg

その後、少しだけガソリンで溶いたパッチセメントを塗る。これらのサビ止め工程は相変わらず試行錯誤中。



20140923-008-l.jpg

センターのフレームを10mm下げたのでバンクが随分しなる。



20140923-009-l.jpg

プロペラシャフトの接触する可能性があるスターン側はカット。



20140923-010-l.jpg

スタンチューブから後側のバンクはカットしてこんな感じ。今週末はビボットにお願いして、チャインの直ぐ脇にもう1本バンクを増設してもらう。これで横揺れも安心だし、上架の際にはガイドになってくれるだろう。


スポンサーサイト

2014.09.23 Tue l 整備 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/1953-0c58edce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。