上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
20140908-01-l.jpg



米田さん100本記念、おめでとうございます&ありがとうございます。


20140908-02-l.jpg

レディースの皆さんに何とか最近のスーパーなアギガン・ブルーを体感していただこうと思っていたが、今日は風は逆風だが弱く、ウネリも昨日より良くなっているので行っときました。

下げなのでパッパウから。透明度はいつもの通り抜群の紫に近い蒼。



20140908-03-l.jpg

オーバーハングにて、多分前回もいた特大のモヨウフグに再会。



20140908-04-l.jpg

お休みのところを邪魔しないようにしていたのだが、それでも気になったようでスルリと上層をすり抜けて出て行った。それを見送っているとインドマルアジの大きな川が流れ出した。この凄い数のシンガリを勤めていたのが、レインボーランナー。後から煽っていたってのが正解かしら?



20140908-05-l.jpg

2本目は久しぶりにヤシへ。浅場の光と陰を観ていただきたかったが、浅場の状態はイマイチなので近づけず。それでもカレントがほぼ止んでいたので入り江をグルリと回る。水面スレスレを背びれを見せながらブラックチップの子供がゆらりと泳いでいる、何度か近寄ってきそうなそぶりもあったのだが北側に消えて行った。スロープの先、-17mでアオマスクを確認、この深度だとじっくり観察できてお得。



20140908-06-l.jpg

岬手前でカレントが強くなるので近寄れなかったが、多分ミナミイスズミがどっさり大岩の上に屯っていた。深場に目をやるとまたもレインボーランナーの群れ。高速で泳ぐのに適した細長く美しい魚体がゆっくりと目の前を泳いで行く様は余裕あり気。こう有りたいっすよ(笑)



20140908-07-l.jpg

ここひと月ほど、トローリングはまったく不発で、シマハギの例の事件も重なりちょいと心配なテニアン海事情。ヤシからの帰りにルアー流して久しぶりに1本だけだが良い型のカツオを揚げた。明日の昼にゲストさんといただくとしよう。


                       Quest
                       WEATHER: Fine / CURRENT: Non
                       TIDAL DIRECTION: ---
                       TOTAL HOURS 0:51
                       VISIBILITY 40m / MAXDEPT 22.4m
                       TEMP AIR 33℃ BOT 31℃

                       Fisherman S
                       WEATHER: Fine / CURRENT: Non
                       TIDAL DIRECTION: ---
                       TOTAL HOURS 1:03
                       VISIBILITY 40m / MAXDEPT 19.6m
                       TEMP AIR 33℃ BOT 31℃


スポンサーサイト

2014.09.08 Mon l ダイビング l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/1947-f5459ef7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。