上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
20140731-01-l.jpg



ノリさんRDPと格闘中。


20140731-02-l.jpg

タガ・ビーチの潮吹きは昨日よりも大盛りに。(泣)



20140731-03-l.jpg

さて、先日使った、フィラーゲージの状態が悪いのでサビ取りクリーニング。Osphoでサビを落して、ピカールで磨いてな作業。精密工具なので実際にはNGなのだが、それほど精度を必要とする測定が無いし、何よりこの厳しい時期の出費は少しでも抑えたい。

って事で、磨いては見たものの何せ25枚、半分磨いている頃には、最初のが錆びてくるし、表示の刻印は印刷だったようで見事に消えてしまい厚さが分からなくなってしまった。(汗)



20140731-04-l.jpg

ビボットに、シックネスゲージを借りに行くと、ダイヤルタイプのモノを持っていてこれで1枚1枚厚さを確認して、ニードルでそれぞれの厚さを削って記入した。他にもキッチンの排水に流してしまいトラップU管を外したり、さらに水漏れを発見したりと余分な作業込みでほぼ1日潰れた。SK シクネスゲージ 65MはAmazonで2,165円。ん〜〜〜ど〜でしょう〜...

Wikipediaによると:すきまゲージ(英: feeler gauge)は、リーフと呼ばれる薄い金属板をすきまに挿入し、そのすきまの寸法を測定するための工具である。シクネスゲージ、シックネスゲージ (thickness gauge) などとも呼ばれるが、この名称は物体の厚さ (thickness) を測定するための工具に対しても用いられる。


スポンサーサイト

2014.07.31 Thu l Crow's Nests l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/1904-a313dd8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。