上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
20140717-01-l.jpg



エンジン回りの点検整備に時間を割きたいのだが...


20140717-02-l.jpg

ビッグコミックオリジナル?



20140717-03-l.jpg

さて、某社のキャプテンが我が家に乗り込んできて“逆ギレ”。ボートだけではなくて桟橋も直すべきだと言ったのが癪に障ったんだかなんなんだか.... この人達と分かりあえる事はこの先も無いだろう。というか、わたしにはこの感覚?思考回路がまったく理解できない。さらに彼はゲリンマなので呆れて「この話しは終わり、」と切り上げた。勿論、街で会った時には愛想良くはしますが、その理由はこれ以上嫌がらせをされ無い為です。

はっきり言わせてもらえばサルに怒ってもしかたないくらいのモノでございますわよ。さて、結局自分で修理する事にした桟橋。ボルトがむき出しでその先は失われている。



20140717-04-l.jpg

2×6だけは持ってきたが、それ以外のマテリアルは自腹。



20140717-05-l.jpg

手持ちのドリルビットでは小さすぎるのでビボットにお願いしてザグリ加工をしてもらった。



20140717-06-l.jpg

コーナーの補修。以前、子供たちが壊した下地を水中ボンドE380でモールドしたが、今回は量が多すぎて勿体ないので代外品を選択。



20140717-07-l.jpg

Ace Hardwareで物色してみたがJ-B kwikが1番適材。



20140717-08-l.jpg

このボルトが結構くせ者で塩ガミはしているは、両脇のコーナーには手が入らないはで一苦労。



20140717-09-l.jpg

2×6が反っていたので万力を掛けたが、あーじゃないこーじゃないで自宅まで3往復。さらには話し好きのジェフが冷やかしに来たので真っ暗な中での作業になった。(没)



20140717-010-l.jpg

完成。これで安心して係留できる。ッホ



20140717-011-l.jpg

さて、傷つけられたボートの修理の方もこのありさまで放置プレイー、腹の虫が収まらないので請求だけは出してやろう。払う払わないは某社の当てにならない器量に任せるが貸しだけは作ってやる。(怒)



20140717-012-l.jpg

以前、バンダライズされてへし折られてしまったフラッグポールの溶接をビボットにお願い。これで操船時はしっくり落ち着く。勿論これも自腹。



20140717-013-l.jpg

久しぶりの大工仕事に、すっかり薄くなってしまった手の平の皮がずるりと剥けてしまった。おかげで面の皮は厚くなりましたけれど。


スポンサーサイト

2014.07.17 Thu l なるべく自分でやってみます l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/1889-6570a171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。