上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
20140705-01-l.jpg



台風201408号 (NEOGURI)


20140705-02-l.jpg

朝一番でボートを確認に行くと、マリーナ内で海は逆巻き、5分に1度くらい強烈な波が駐車場まで打ち上げる。ボートを上架するのは必至だがとてもいつものメンバーでは上げられない。Capt. Joe、Capt. Jesse、Joe、Jimmy、ロッキー、薫と7人がかりで上げる。



20140705-03-l.jpg

トレーラーはいつもの沈め加減より浅くても時々入る大きな波にランプから振り落とされるので、ロープで左右を固定。



20140705-04-l.jpg

ボートをトレーラーに乗せた後もスターンが流されてペラを痛める可能性があるので、トランサムに旧アンカーロープを結んで引きずり込まれ無いように2人がかりでホールド。



20140705-05-l.jpg

さすがのCapt. Joeもてこずっていたが、何とかトレーラーにバウを合せる事ができ、人海戦術で引っ張り込んだ。



20140705-06-l.jpg

いつもはアストロとT100で上げられるのだが今日はすべって上がらない。アイクが来ていたので、アストロの代りに彼のタコマで何とか上架に成功。あまりの緊張で生きた心地がしなかったが、協力してくれたみんなのおかげでペラ回りもダメージが無くここでやっとホッできた。



20140705-07-l.jpg

波がここまで上がってきている。Dynastyのスタマス以外のほとんどのボートは昨日からマリーナにそのまま有り、深夜から早朝に掛けてボートオーナーたちは皆冷や汗をかく事になった。台風の進路、風予報では、これほどの影響が出るとだれしも思わなかった。



20140705-08-l.jpg

SN-5のボートも岸壁を削り取ってボラードが歪んでしまっている。マリーナにそのままにしていたボートオーナーは朝からフル回転で作業、ついには炊き出しもでた。



20140705-09-l.jpg

SN-5の現オーナーのパトリックもお疲れ気味。



20140705-010-l.jpg

ジミーは、BBQを振る舞ったくれた。弊社も無事に上架できたお礼にビールを奮発。



20140705-011-l.jpg

さて、上架には問題無かったが、某社のボートの舫いが切れて、そのアウトボードが我が愛船のスターボードのハルを叩いていた為、穴が空くところだった。ジェルコートが削れてファイバーが露出している。また、今まで何度も私自身が修理した桟橋のフェンダーもこのおかげで砕けてしまった。

この会社の舫いの仕方もロープの状態も正直褒められた物ではない。朝、このキャプテンと社長を捕まえたが謝罪はなかった。「おまえ、何か言う事があるんじゃないの?I'M SORRY」というとやっと謝罪。他のキャプテンは自然のした事だとうそぶくいていた。人災と言う言葉を知らないようだ。

さて、まだマリーナに残されたボートで舫いの状態が悪い船がある。それを手伝ったり指示していると、或るローカルが私のボートの時は手伝ってくれていたのに急に手を出さなくなった。後になって聞いて見ると、「あの船のオーナーはアメリカ人なので、万が一何かあった場合はこちらの責任になるから手伝わない。」との事。

日本人の常識のみで腹を立てる事はとうに無くなっているが、お国柄の違いだけではすまないだろうと腹が立つと言うより呆れるのと悲しくなった。一昨日の浅井さんとBobさんの信頼関係を感じた後でのこのガッカリ加減はやはりこたえる。ブログでこうして書く以外には誰をどうこうする気は無いが。修理は加害者がする事になっているがまぁ、期待しないで待つ事にしようかな?最悪以前の様にむき出しになったFRP部分だけはジェルコートで塞ぐ事にしよう。





スポンサーサイト

2014.07.05 Sat l 気象情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/1877-fa4abc97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。