上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
20140607-001-l.jpg



タイヤはバースト、リムは崩れてリムナットは山が無くなった。海水の腐食力は強烈です。


20140607-002-l.jpg

ただ載せたかった画像。(笑)



20140607-003-l.jpg

タガネでサビを落してみるもレンチはまったく役に立ちそうに無い。リムを切断して... グリッププライヤーで掴んで... 等シュミレーションしてみたが勝算が無い。



20140607-004-l.jpg

まずは島中のリペアーショップを回ってタイヤとリムを探す。R14はよくで回っているだろうと思っていたが以外に苦戦。しかもリムのナットからナットまでの距離、(P.C.D.)ノギスで測ると96mm(P.C.D.=100mm?)ってのがなかなか見つからない。



20140607-005-l.jpg

以前T100のパワーウィンドスイッチの時にお世話になったJessが持っているジャンクが同じリムだって事で譲り受ける。これも噛り付いているのか外れないのでスペシャルTレンチ登場。



20140607-006-l.jpg

しかし、レンチが負けてこの有り様。



20140607-007-l.jpg

ボートトレーラー用にビボットに作ってもらったスーパーパワーTレンチだったが、今一度溶接をやり直してもらった。



20140607-008-l.jpg

ステンの溶棒仕様でガッチリ修理完了。



20140607-015-l.jpg

腐ってしまったリムの取り外しと再生は、やはり中古のリムを用立ててくれてJessのEJ ENTERPRISESにお願いする事にした。



20140607-009-l.jpg

4本手に入れたが、使えるタイヤは2本、使えるリムは3本。



20140607-010-l.jpg

カップワイヤーブラシとホイールワイヤーブラシで徹底的にサビ落とし。その後、内側はマリングリスを厚めに塗っておいた。



20140607-011-l.jpg

表側はエナメルではあるがサビ止めペイント。



20140607-012-l.jpg

リゴーにお願いして入れ替え。劣化していたタイヤなので想像はしていたが全てチューブが入れていた。



20140607-013-l.jpg

砕けたリムのエッジでチューブを1本ダメにしてしまった。(泣)



20140607-014-l.jpg

ここまで良く使ったと言うべきか?ご苦労さんと言うべきか?



20140607-016-l.jpg

数日後、再びEJ ENTERPRISESへ。



20140607-017-l.jpg

Jessによるとスタッドボルトの根本で切って、新しい中古のスタッドボルトと袋リムナットを取り付けたとの事。しかもハブにはしっかりアンダーコート塗装がされグリスアップもしてくれて有る。



20140607-018-l.jpg

修理したタイヤを取り付けてもらってやっと完了。「ディスカウントしてよ。」とはとても言えなかった。(笑)



20140607-019-l.jpg

リムナットにマリングリスを塗る。



20140607-020-l.jpg

左右は違っても5本ずつ揃えてくれたところがさらに気が利いている。



20140607-021-l.jpg

20140607-022-l.jpg

空気圧を20PSI以下にして空気漏れが無いか確認、どうやら大丈夫そうだ。今後はマメにメンテして行こう。Jessに感謝!!!


スポンサーサイト

2014.06.07 Sat l なるべく自分でやってみます l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/1844-65bf0797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。