上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
20140216-01-l.jpg



ここんとここの組み合わせ頻発。


20140216-02.jpg

【第一希望】大物リクエスト、だったがテニアンの最も不得意とするところ。次点のリクエストはロケーション系。こちらは得意分野。さて、問題は海の状態なのだが、3日前辺りからまたも北方面は荒れてきている。風の予報もイマイチだが朝一のマリーナは静か。ゲストさんも中級者さん以上でしかも昨日開催された第14回ターコイズブルー・トライアスロン参加の皆さん。私もちょっとおなかをへっこめてみたが気持ちが凹みました...(泣)

カレントが良い下げなので北方面を目指す。状態がよければロケーション2本立ても有りなのだがやはりそう安易にはいか無い。島側は大きくうねりが打ちつけ潮吹きのように立ち上がっている。岬を越えタリの湾内に入れば水面はおだやかでエグジットは問題が無い。エントリーを慎重に見守りロープへの潜行を確認-OK。スロープは底揺れがあるので早々にドロップオフへ。雲が少し掛かっているおかげで底まで見下ろせるいい蒼に包まれる。クラックではフチドリspが舞い上がっていて久しぶりのコロニー加減。

その後、浅場のウミウチワの手前で棚上に戻りそのまま良いカレントに乗ってドリフトダイビング。アオウミガメを3匹確認。タリの湾内に入り水面は急におだやかになる。ピンクのセンジュイソギンとクマノミを観察後、-18mをホバーリング。3本の塔までは辿り着けなかったがなかなかのカレントに乗った透明度も良いドリフトダイビングとなった。

2本目はマッタリのリクエストで浦島へ。サス・オリジナル辺りが定石なのだが湾内にもうねりが入っているので浦島へ。ここんところこの組み合わせが多い。今日の浦島は多少の底揺れがあるにも関わらずバッチリの透明度。先日2枚居たポーキュパインレイと多分同じ個体が今日もノコギリの根でお休み中。ギャロップ・デザートで散らかしながら泳ぎ去る。



20140216-03.jpg

午後は、
第10回テニアン・ホットペッパー・フェスティバルに参加のダンサーの皆さんが遊びに来てくれた。



20140216-04.jpg

NaokoさんからプレミアモノのONE PIECE Tシャツを戴きご機嫌!アザーっす!!!(悦)。


                       Fleming
                       WEATHER: Fine / CURRENT: Middle
                       TIDAL DIRECTION: S
                       TOTAL HOURS 0:41
                       VISIBILITY 50m / MAXDEPT 40.0m
                       TEMP AIR 31℃ BOT 29℃

                       浦島
                       WEATHER: Fine / CURRENT: Low
                       TIDAL DIRECTION: SSE
                       TOTAL HOURS 0:46
                       VISIBILITY 40m / MAXDEPT 18.6m
                       TEMP AIR 32℃ BOT 29℃


スポンサーサイト

2014.02.16 Sun l ダイビング l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/1754-9a90a644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。