上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
20131025-01.jpg



うわ!ここはどこですか!? 多分ここまで波が襲ったので草が枯れてしまったのだろう。


20131025-02.jpg

多少の期待を込めて、ビーチをグルリと回ってみたのだが、タチョンガ・ビーチもロングビーチもNG。まだまだ波が高くウネリも入って来ている。



20131025-03.jpg

キャマービーチはさらによい状態になってホッと一安心。昨日までの波打ち際の濁りも無く以前の急深に戻りつつある。潮の都合でここが一本目。沈船を回って砂地に出るコース。やはり細かいモノを探してみるがウミウシ系まったく居ない。イシガキカエルウオっぽい幼魚が居たが残念ながら判別できず。



20131025-04.jpg

ケケはマリーナで海の状態は確認しておいたのだが、近くまで行って見るとビックリ。いつもの場所に車を止めると雑草が台風のおかげではぎ取られたのと枯れたのと両方なのだろうが、すっかり見通しが良くなって秘境風味が無くなった。(笑)

上げではあるがカレントは強そうなので2本目に選択。台風でどうなったのだろうと多少不安混じりにエントリー。シカツノサンゴを早速確認に行く。やはり小山の方は吹き飛んでしまっていた。着底に気を使わなくてすむのは良いが繊細な雰囲気が失われてしまった。大きな根の方も吹き飛んだり他の折れたサンゴなどが降り積もっていたので掃除。こうやって複雑な生態系を作って行くのかしらん。成長は早いので今後に期待しよう。先ずはいつもの稚魚たちが種類も数も多くてホッとした。

深場を回るとやはり地形が変わっていた。潮が集まるであろうところは底まで削り取られ、影になるところは山ができていた。目印の大きなハマサンゴもひっくり返ってミツボシクロスズメが所在なさげだ。それでもモヤを一掃してくれたので透明度は抜群ということで自然の力は恐ろしくて偉大。浅場に帰ると今日もアオウミガメに遭遇。


                       Kammer Beach
                       WEATHER: Fine / CURRENT: Low
                       TIDAL DIRECTION: ---
                       TOTAL HOURS 0:53
                       VISIBILITY 15m / MAXDEPT 5.3m
                       TEMP AIR 30℃ BOT 30℃

                       keke
                       WEATHER: Fine / CURRENT: Middle
                       TIDAL DIRECTION: ESE
                       TOTAL HOURS 0:46
                       VISIBILITY 20m / MAXDEPT 3.4m
                       TEMP AIR 30℃ BOT 30℃


スポンサーサイト

2013.10.25 Fri l ダイビング l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/1673-b6b3d666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。