上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
20130208-01.jpg



今日も強力な助っ人さんです。


20130208-02.jpg

メンテナンスの工程が遅れまくっているので、ヘルプでランボーに来てもらって先ずはカットレスベアリングの交換。彼は何でも出来ると思っていたら、意外とノコギリを挽くのは苦手のようでホッとしたり(笑)



20130208-03.jpg

サイパンでプーラーに使えそうな材料を揃えてきたのだが、新規は外径が現行品に比べほんの少しだけ小さいのですんなり入ってしまった。その隙間を1207Cで充填。



20130208-04.jpg

それからクラッチ・潤滑油クーラ・フタのスーパーロックボルトと戦ってもらう。4本中3本は自分で何とかなったが、最後の1本が外れない。ここはゴムホースで繋がっていて、海水が回るのだが、ホースバンドが劣化するとジャジャ漏れになる結構恐い部分で、前回まんまとそうなった時に海水をきっちり拭きとった筈だったが、腐食でボルトの頭が腐ってしまって、何をしても外れない。

フタの高さまで、ボルトを削って、フタを取り外した後にバイスクリップで回すしかないと思われたが、もしかしたらと思い、RAMBOに願いした。すると彼もデッキ下にスルリと入ってしまい、タガネと貫通ドライバーで、頭が無くなって全ネジ状態のボルトをコツコツたたいて緩めてくれた。神業。感謝感激!



20130208-05.jpg

私はというと、エンジンを踏み台にしないようにアゴ付きの足場板を製作してオイル交換。廃油をまとめたビニール袋をデッキ下で破いてしまい、掃除に3時間ほど掛かった。



20130208-06.jpg

さらにクラッチの検油棒が締め込み時にもげてしまった。



20130208-07.jpg

これを取り去るのに1時間、以前使っていた検油棒のパーツを流用して復旧するまでさらに1時間。



20130208-08.jpg

トレーラーのリムが腐食でお亡くなりになった。日本でアルミホイールを中古で購入したが、船便の為、未到着でパラオさんに中古を譲ってもらった。自分の作業は無駄な事ばかりしていてまったくはかどらなかったが、RAMBOのおかげで難関も突破できた。ホッ


スポンサーサイト

2013.02.08 Fri l 整備 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/1463-c6ee1ac9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。