FC2ブログ
20130109-001.jpg



明後日からリピーターの冨岡さん&松もっちゃんがいらしてくれるのでなので何とか間に合わせたい。


Rockyと2人で、時間制限一本勝負のカップリングとペラのすり合わせ。きっちりやりたいところだが先ずは走らせたいの図。



20130109-02.jpg

ストレートカップリング側。ワイヤーブラシで磨いてみるとバリが出ている。削り落とす事に決定。



20130109-003.jpg

ペラ側は、噛り付きの目立った傷も無い。



20130109-004.jpg

昔々、ドラフターで図面を書いていた頃の遺産。テンプレートで正円の確認。



20130109-005.jpg

フレキシブルシャフトに砥石のビットを付けて削る。フレキシブルシャフトは、またも内部で切れてしまった。耐久性に問題有るのかしらん?



20130109-007.jpg

後悔しても仕方ないが、造船所ブログ オームラさんに作ってもらったキーを最初から使っていればこんな事にはならなかったかもしれない。今回は、きっちり削って使う事にした。



20130109-008.jpg

高申テックの櫻井さんに譲って頂いた、新潟精機の研磨材で、カップリングとシャフト、ペラとシャフトのすり合わせをRockyと両側で回しながら出して行く。丸々1日掛かるくらいの作業のようだが今回は出来るところまで。



20130109-009.jpg

カップリング側は、噛り付きの傷は多いもの、以外と短時間で正逆回るようになった。キー溝を新設するべきなのだが、テニアンではエンドミル加工は出来ない。サイパンでは出来る様だが、信頼できるマシンショップを探す事から始めなくてはいけないので今回はキーをダメにする覚悟でこのまま使う。



20130109-10.jpg

テンプレートをもう少し信用してあげるべきだったと反省。ペラ用のキーの両脇が膨れてしまっていてなかなか引っ掛かりが無くならない。時間切れで取りあえずここまで。



20130109-011.jpg

ラダーのグランドパッキン設置部分のエポキシ樹脂も面出し。その後ロウを塗っておいた。



20130109-012.jpg

水の浸入をなるべく少なくするため、お約束の液体ガスケットを塗布。アクセスハッチには雨樋のようなものを新設しよう。



20130109-013.jpg

ペラ側も経過観察の為、液体ガスケットを塗布。



20130109-014.jpg

PSSシャフトシール、今回もカーボンを割らずに済んでホッとした。



20130109-015.jpg

さて、シャフトのセンターボルトの締め込み。ヘックスキーを穴にかけて、船底で抜けないようにして締め込んでいたが、今回はRockyにペラを押さえてもらって、1/2"のソケットのハンドルをハンマーでひっぱたいて締め込む事にした。錆びたセンターボルトの再利用なので、外す事を考えると恐いのだが考えない事とする。(汗)



20130109-016.jpg

ラダーも今回は苦も無く納まった。



20130109-17.jpg

シャフトを取り付けて、ペラを回してみて青くなった...

シャフトが1周するとエンジンがお辞儀をする。クラッチのシリアルプレートの上にノギスを置いて図ってみると、0.5mm上下する。どっちかが歪んでしまった。



20130109-18.jpg

スタンチューブでも計測してみると0.8mm上下する。シャフトが曲がってしまったようだ。(泣)



20130109-019.jpg

ペラの固定用ナット部で確認してみると歪みはほとんど感じられ無い。



20130109-020.jpg

今回の失敗の繰り返さないように、船底のサビの山はきっちり掃除した。水商売は何事も掃除が基本。



20130109-021.jpg

組み上がって、明日はテストラン。しかし今日は、心配事が次から次に湧き上って寝られそうにない...


スポンサーサイト




2013.01.09 Wed l Crow's Nests l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/1446-f795afea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)