上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
090312-023.jpg



今日は見事に日射病。(笑)


090312-02.jpg

さて、昨日、Lianの紹介で、彼がエアコンを直しにやって来た。アストロとT100どちらも修理。



090312-03.jpg

ガス漏れていたバルブを調整したくらいで、リークを検査するのでもなく、ガスをチャージをして終わった。これはどうにも心配なので、どれくらいエアコンはこのまま使えるのか?と聞くと4ヵ月との事。要するに漏れた分足すと言う事で、根本的な修理ではない。ヤレヤレ。

倉庫に寝かせておいた、SAMSUNGは、引き取り手が現れないので、彼に引き取ってもらう事にした。



090312-04.jpg

お疲れさまでした。さて、「いくら?」と聞くと、ビックリ$150!人の良いLianの紹介なので、気を許し過ぎた。見積を最初に取っておく鉄則を忘れた自分が悪いが、それでも高すぎる。値段交渉してもガンとして折れないので、そのまま払ってやった。もう会う事も無いと思うが、カーエアコンの修理を安心して任せられる修理屋を探す旅は今後も続く。ヤレヤレ。



090312-05.jpg

さて、その彼がアストロをいじってから一切エンジンが掛からない。その内、SERVICE ENGINE SOONのサイン点灯。明後日からリピーターさんがいらっしゃるのに、何してくれてんねん!



090312-06.jpg

これは彼の所為ではないとは思うが、エンジンオイルのパイプが脱落して、プーリーに当っている。



===============================================
エマージェンシーなエンジンの掛け方。
===============================================

090312-07.jpg

どうにもこうにもエンジンが掛からない時、ドンに教わった方法で取りあえずは走るようにしてみる。先ず、エアクリーナーを外す。



090312-08.jpg

吸気口までのコネクターを2個外す。



090312-09.jpg

フィルター側のホースバンドを外す。



090312-010.jpg

吸気口ジャバラ側のホースバンドを外す。



090312-011.jpg

こんな感じのインチラッパーから、ガソリンを、ワンプッシュ、吸気口に注入。後は、普通にエンジンを始動、息付きそうな時は、アクセルを吹かしてやる。



090312-012.jpg

フルターを戻す時は、山と谷を合わせる。ここのホースバンドを決めておいてから、フィルター蓋のツメも合わせて落とし込んでから、パッチン錠を止める。
===============================================




090312-013.jpg

忌まわしいアリがはい回っているので、撃退スプレーをエンジンルームにまんべんなくスプレーしておく。ドンに相談にいくと今は仕事が立て込んでいるようなのだが、明日朝、連絡してくれとの事。



090312-014.jpg

午後は、ボートのウォッシュダウンポンプが弱くなって来ているので交換。SHURfloの同じ能力の3.5GPMをWest Marineから仕入れておいた。



090312-015.jpg

新旧のBlaster、今まで使っていたものは、外見を見ると結構年数が経過していそうなのに、今日まで使えている。信頼できるのでSHURflo Blasterを今回も選択。



090312-016.jpg

取り付け後、水が上がってこない。1度上がってきても直ぐにエアー咬みしてしまう。他のホースでテストすると、モーターの問題ではなく、ホース側だ。接続部がタンクと、モーターの2ヶ所にあるが両方確認。



090312-017.jpg

問題はここ。旧モーターのIN側はなぜか、ネジ山のエルボが付いていて、にも関わらず、ホースバンドで無理やり締め込んで止めていた所為で、ホースにその段の癖が付いてしまい、通常のニップルにホースバンドで固定しても、エアー咬みして水を吸い上げられないでいた。シールテープをニップルに山になるほど巻いてホースバンドで締め込んで、エアー咬みは止まった。INとOUTでホースの太さも違う。テニアンでは、このサイズのホースは手に入らない。間に合わせ修理は所詮間に合わせ修理だ。この作業で、日射病になり、しばらくキャビンから出てこれなくなった。ヤレヤレ。



090312-018.jpg

そんな間に合わせで取り付けられているので、配線も、ビニールテープを巻いただけだった。いつものように、1207液体ガスケットを塗布してから、配線。



090312-019.jpg

2本から1本へは、前回お世話になった時に、YASUDA SHIPYARD、大村さんがお心使いで同封して下さった、熱収縮圧着接続端子を使う。



090312-020.jpg

ギボシ端子にも1207液体ガスケットを塗布してから、圧着。



090312-021.jpg

ギボシ端子を接続する時にも1207液体ガスケットを塗布。これをするようになってから、断線や接触不良、線が腐ってしまう事が無くなった。



090312-022.jpg

設置完了。旧Blasterが元気だった頃の水圧に戻った。音も静かでON OFFもきびきびしている。



090312-023.jpg

今日も色んな事が有ったが、一先ず終わった。水圧も良い調子なので、「夕陽に向って撃ってみた。」日が暮れても日射病が改善されず、スターンデッキで、星が出るまで寝るはめになった。


スポンサーサイト

2012.09.03 Mon l なるべく自分でやってみます l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

エアコンガスチャージ
私も今年夏前にエアコンガスチャージしました。因みにガスは2缶使って600円、そんなに難しい作業じゃないですよ。
2012.09.04 Tue l きむら たかし. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/1306-880c9b1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。