上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
072712-001.jpg



キレイなエンジンでは有りませんが...(笑)


072712-05.jpg

グルッとクリーニングしながら全体を見て回ると色々と状態が見えてくる。しかしこれが結構ハードな作業で、いつもながら熱射病ぎりぎり。(笑)

吸気マニホールドのガスケット部分から少しオイル漏れが見つかった。



072712-06.jpg

15 2 119173-33010 オイルク-ラドウに取り付ける43 1 119173-33150 トリツケダイ(オイルク-ラ のボルトと頭がもげている。なぜこんな事になるのか?よくよく考えてみると、原因は私の0.1tonの体重のようだ。アクセスハッチを全て取り外した場合、キャビンへの出入りに足場が無いので、左足が軸足の私は、オイルク-ラドウを足場代わりに使っている。ここを良く見ると片持ちでしかないので強度が無かったのだ。そのストレスに耐えかねて、ボルトの頭がもげてオイル漏れに繋がったようだ。これからは、足場板を渡すか、どうしようもない時は、13 1 119173-18501 トリツケイタ(インタ-ク-ラ 側を足場にしよう。



072712-07.jpg

どこかのブログに、旧型のMorse Controlsのスロットルが固定できないと書いて有ったが、我が愛船も同じ状態。M.M.Sの松田さんのアイデアで、ワイヤークリップを咬ませてある。時々位置を変えた方が、癖もつき難く、被膜のためによ良いようだ。



072712-08.jpg

ミキシングエルボのその後も確認。海水漏れは、しばらくおさまっていたが、J-B WELD にヒビができ、錆が浮き始めた。発注は既に済んでいるので製作待ち。



072712-09.jpg

サビが出はじめている部分、緩み等を点検し、オイル、グリスやLPS-3にてサビ止め。ダイパーも引き直して完了。次回は、クーラントの交換かな?けしてキレイなエンジンでは無いが、キッチリ手を入れている自慢のエンジン。


スポンサーサイト

2012.07.27 Fri l なるべく自分でやってみます l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/1251-e879e3e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。