上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
070512-01.jpg



今日は午後スタートで、ジリッジリの太陽。


070512-03.jpg


本日、五十嵐さんチームと初日の横川さんチームでアギガンへ。うねりはまだ少し有るがなんという事は無い。風も少し治まり加減で、アギガンに打ちつける波も見えない。午前中は、雨が降ったりしていたが午後にはギンギンの晴れ。やはり出張る。1本目は、フォートへ。今日もスッキリな透明度、スロープ底の砂地近くを泳ぐバラフエダイも確認できる。青より蒼いアギガンの海は今日も裏切らない。

思惑と外れたといえば、エントリー時、タイドチャートではまだ下げの筈が、カレントはほとんど止まっていた。さらには、深場でウミウチワを観察している頃には、逆に流れ出した。このおかげで、ウミウチワを観察した後に、折り返してドロップオフの壁沿いをゆっくり深度を上げて棚上にでる事ができた。この辺りの景観と色の変化は、本当に面白い。

水面近くには、こちらもキビナゴが凄い事になっているが、テニアンサイドよりも丸々太って見てるのは気のせいか?



070512-02.jpg

2本目は、セーファーヘ。ボートを回すとハンドウイルカがボートと並走して遊びに来た。もう少し長居をしてくれれば、スノーケルで観察もできたのだが、ウインチ方面にゆっくりと遠のいて行ってしまった。水面休息時に、突然ヘリの登場。現在アギガンでは、韓国のTVが「ジャングル・ラブ」という番組を16日間かけて撮影中。なんでも、ジャングルの中で生き延びると同時に本当の愛を参加者が見つけだすといったものらしい。8月放映予定なのだそうだ。その空撮にヘリが来ていたのだが、今日辺りの海は本当にきれいなので良い撮影ができただろう。テニアンではちょっとした韓国テレビバブルだ。(笑)

さて、ジョーが差し入れてくれた、カツオとシャコガイを、刺し身にして平らげてから、セイファーへ。ハナゴイの群れに囲まれて-20mをカレントに乗って流す。と、ここでまさかリクエストに答えられるとは思わなかったが、タイマイのメスに遭遇。余り恐がらない子で、少しの間並走して泳ぐ事ができた。アギガンの蒼で、リクエストのカメは忘れた事にしてもらう予定でいたが、ホッとするやら、急に責任感な私。(笑)

今日の感想でも頂いたが、ここは新旧のサンゴの歴史を見られる。古いサンゴが苗床になって、その上に、横に、新しいサンゴができはじめている場所、既に群生している場所、さまざまな表情がある。


                       Fort
                       WEATHER: Fine / CURRENT: Low
                       TOTAL HOURS 0:37
                       VISIBILTY 60m / MAXDEPT 40.0m
                       TEMP AIR 32℃ BOT 30℃

                       Safer
                       WEATHER: Fine / CURRENT: Low
                       TOTAL HOURS 0:47
                       VISIBILTY 60m / MAXDEPT 23.4m
                       TEMP AIR 32℃ BOT 30℃


スポンサーサイト

2012.07.05 Thu l ダイビング l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/1221-67233a48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。