上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
NKK神社(日の出神社)



日の出神社で慰霊祭を行いました。


1914年~1944年の30年間、このテニアン島は
日本統治時代でした。約2万人の日本人が住み、
そのほとんどの方は「南洋興発株式会社」で働いていました。
主に、製糖業・酒精及び清酒業などで
中でも製糖業は、「砂糖の島」と呼ばれ東洋屈指の工場となりました。
いくつかの砂糖きび畑があり、この神社は第4農場の人々によって
建てられました。
この辺りにも学校や病院、たくさんの方が住んでいて
砂糖きびの刈り入れ時には、神社では収穫祭もあったそうです。
1の鳥居には大きな火炎樹(別名:南洋桜)があり、
当時は日本の桜を想いながらお花見もしたそうです。

hinode02.jpg



今では戦争で本殿はなく1と2の鳥居が残るのみですが、
以前いらした大徳寺先生曰く、「この神社は本殿がなくてもまだ天に繋がっている」
とおっしゃっていました。
それがきっかけで、私達もお酒・お米・お塩を持ってお参りに行っています。

本殿の前で、慰霊団の皆さんと一緒に歌った「みかんの花」が
いつまでも天高く神様まで届きますように・・・。

                                     Kaori



スポンサーサイト

2009.01.31 Sat l TINIAN l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/12-37f6c354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。