FC2ブログ
040212-01.jpg



弊社のは全部NDSです...大ざっぱに言えば。(笑)


どれもこれも、1つずつ時間を掛けて仕上げて行ったレギュ達なので思い入れがある。レンタル用に6本、ゲージはTUSAだが、それ以外はNDSで構成した予備のレギュが1本。それから、マサ専用「通常の3倍軽い」ポレスターII Fタイプが1本。もう一つは、Goroちゃん専用、「性格歪んでっから、口も歪むんだよ。」のS-PROのでかいマウスピースを装着した、「通常の3倍性格の悪い」Goroちゃん専用ダイブウエイズ仕様が1本。

【ところで、DIVEWAYSといえば、頑固クラス・デザインのプロダクツをいまでも扱っているはご承知の通り。しかし、今回は驚かされた。ダイビングのプロがずっとそうするべきだと思い続けてきた、マスクがまさか、ダイブウエイズから出ていたとは!

ネットで検索すると2007年当りから発売開始しているようだが、何が凄いかというと、ユーザーの顔のサイズと形に合せたマスクを提供している。名前は、アイアイ....この辺りが、ダイブウエイズらしい感じでどーもね。(笑)

初心者の方は、マスクの選び方が分らないので、「女性用マスクって勧められたんですけど...」と、一眼の唇まで隠れそうなスカートの高いマスクをわざわざ買ってこられたり、「デザインがいいので。」と装着時の自分の顔までデザインして、小さなマスクに窮屈そうに小鼻を押し込んでいる方もいる。しかし、アイアイは顔のサイズと形によって、スカートのサイズが選べる。これはでかい顔の私にもうれしい。

更にはシングルリップや、フレームの新構造、ストラップの新提案など工夫も盛りだくさん。トップページに、「顔に当たるゴム部分に、」と有りますが多分シリコンでしょうね。ゴムマスクはテニアンでは1年持ちません。テストしてリポートを書きたいのは山々だが、そんな経費は今は出ないので、無責任ながら、「良さそう!」って事で今回はスマソ。】


話を元に戻すと、時間ができたので、次回のダイアフラムを含むオーバーホールの前に点検とメンテナンスをする事にした。レンタル用のゲージをゲストさんが固そうに回転させるていたり、低圧レバーの感度がカリッカリで水面付近で気泡が上がってしまうのも1つ有るので調整し直そう。



040212-0002.jpg

NDSのレギュは、頑固に壊れないが、吸い込んだ時に、抵抗が出てくるとクリーニングや消耗品の交換が必要。これに関しては結構~~繊細。通常の呼吸では感じられないが、金魚になったつもりで、極々細く吸い込んで見ると、抵抗が2~3回変化する。この引っ掛かりがどの程度かに因ってメンテをする。フリーフローさえしていなければ、ダイアフラム、低圧ワッシャー、低圧弁ケースのレバー取り付け部分のクリーニングで全て解消されるが、時にはダイアフラムの向きを変更するだけでも解消される。



040212-002.jpg

ダイアフラムの寿命は、テニアン的には1年で、外観を見ただけでは、何が悪いのか判断ができない。新品と比べてやっと少し変色したのが確認できる程度。これが固くなってくると、引っ掛かりが強くなる。



040212-02.jpg

低圧ワッシャーは、レバーに押されて左の2つのように傷が付いてくる。この2つはひどい方だが、右側の新品に、レバーの当りのラインが付いただけで、引っ掛かりが出る事もある。まぁ、それくらいの場合は、ひっくり返して再利用している。他は、ケース内の状態を見て、Osphoなどで塩を除去。



040212-03.jpg

水槽に付けて、フリーフロー、エアー漏れ、回転の具合などを確認。弊社のレギュは全て軽めに調整して有るので、フリーフローするちょいと前くらいに低圧シートとロックナット調整。



040212-04.jpg

それから先日取り付けた、ホースホルダーのすべり止めが有効なのが分ったので、ホースプロテクターを使ってギッチリ作り込む事にした。



040212-05.jpg

ホルダーの内径とホースの径にはギャップが有るので、タイヤチューブを割いて、先は細く、徐々に幅広になるようにカット。



040212-06.jpg

この形だと、入れ込んで行くにつれてきつくなって行くので、キッチリとホースホルダーを止めておける。



040212-07.jpg

こんな感じで、装着時は引っかけておいても、ずり落ちない。



040212-08.jpg


前回取り付けた、BCのリングに吊すと、こんな収まりになる。砂も入らないし、海底にラインを引く事も無いし、サンゴを折ってしまう事もない。しかし、オクトパスの排気弁が上向きにつく為、低圧シートの調整は結構繊細になる。



040212-09.jpg

使い始めた、REYSON X11-j AACS-I MODELもDリングが同じ場所に有る為、オクトパス、パワーインフレーター、ゲージと干渉し合ってしまうので、ポケットの上にリングを取り付けて、ゲージはここに吊す事にした。


スポンサーサイト




2012.04.02 Mon l 整備 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

懐かしいナイフが・・・
久しぶりにみたよ。そのナイフ。

ゲージのずれない止めはいいね。こういう細かい気配りって大事だね。
すばらしい!
2012.04.13 Fri l yo. URL l 編集
お久しぶりです!
コメント頂きましてありがとうございます♪(^0^*)ノマサさんは何か見つけると毎日トンテンカン、修理をしていますよ~ e-356
三男君の誕生おめでとうございます!!!今まで以上に賑やかな家庭になりますねe-68これからが楽しみですe-246
2012.04.15 Sun l *ぴけ*. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://crowsnests.blog9.fc2.com/tb.php/1135-6ef0a939
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)